帰宅難民:東日本大震災

2011年3月12日
一夜が明け「東北地方太平洋沖地震」の想像を絶する惨状が明らかになってくるにつれ、呼び方も「東日本大震災」へとシフトしてきました。(NHKだけ東北関東大震災←関東大震災とかぶるからできればやめてほしい、かも。)
東京では鉄道が徐々に動き始め、土曜の朝6時台だというのに平日夕方のような混雑ぶりでした。

11031201.jpg
東京メトロ東西線・飯田橋駅

やはりこれだけの人々が帰れなかったんだなということを実感。
池袋・サンシャインのプリンスホテルでは客室は当然満室。
帰宅難民のためにロビーを開放していました。
11031205.jpg
サンシャインシティプリンスホテル・1階ロビー

ソファーにありつけた人はラッキーですが、床で横になっている人もホテルのカーペットですから・・割とラッキーだったのかも知れません。駅で立ち尽くしているよりは。
大学なども解放され、教室で一夜を明かしたサラリーマンもいたようです。
バスは意外と人を乗せられない・・・そりゃ電車とは比較になりませんわな。
かといってタクシーを待っていても来なかったようです。
首都高は地震の影響で全面閉鎖。早い者勝ちのお客さんを乗せたタクシーは次々と渋滞の一般道へとはまって行き、戻りたくても戻れない。
オリンピックでは自転車が売り切れたそうです。
隣接県まで歩いて帰るのは無理でも、自転車なら・・・機転が利く人も多かったんですね。
そのほか、レンタカーも人気だったそうで。
自宅近くの営業所に乗り捨て・・・やはり機転が利きますね。
そんな脆弱さを露呈していた東京でしたが、東北の状況が凄すぎて、報道もそちらへ移行してしまいました。
確かに、町ひとつ・・いや、3つも4つも・・が丸ごと大津波にさらわれ、原子炉が爆発しているんですから。
一晩帰れないくらいどうってことないです。
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする