千葉県内の鉄道ネタ 銚子電鉄・久留里線

2011年12月17日
銚子電鉄の外川駅前に昭和時代によく使われたレトロな丸型のポストが設置されたそうです。
外川駅前
上の写真は2005年のものですが・・。^^;
右手前の男性が向いているあたりに設置されたらしいです。
なんでも駅にポストがなかったので、日本郵便銚子支店が観光地のイメージアップを兼ねて設置に動いたそうですが、銚子市内にも3箇所しかレトロなポストがなく、香取市の佐原支店に保管されていた錆だらけの丸ポストを探し出し、磨いて塗装しなおしてようやく設置にこぎつけたそうです。なかなかの心意気です。
そもそも駅自体が築90年近い木造で、ワタクシにとっては昔の高根公団駅を思い出させてくれるくらい昭和の空気バリバリなわけですが、さらに箔がついたようで嬉しいです。
ちなみに24日、クリスマスイブの夜には、犬吠崎灯台が夜間延長公開されるそうです。
通常、冬季は午後4時で閉じられますが、この日だけは午後7時半まで入れるとのこと。
夜の灯台上でほんのり照らされる海の波音に耳を傾けるのも乙なものかも知れません。
その一方・・・
久留里線では、半世紀近く運行してきた「キハ30形」などのディーゼル車3種類を、老朽化のため2013年春までに引退させることが決まったそうです。
2012年秋から順次引退していくそうですので、見納めしたい方はお早めに。
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

『千葉県内の鉄道ネタ 銚子電鉄・久留里線』へのコメント

  1. 名前:元新京成沿線住民 投稿日:2014/05/11(日) 18:26:21 ID:402043b2b 返信

     きたならパパ様、コンニチワ。御無沙汰しております。
     御元気でしょうか…。
     貴ブログを読まさせて頂き、鉄道少年の頃を思い出しました。
     キハ35ですか…。小学生と中学生の頃を思い出しました。
     当時、私は、新京成電車のほか、ディーゼルカーにハマッテおりました(笑)。キハ35ー900とかキハ28の写真を、撮りまくっていましたナ…。
     そうそう、きたならパパ様。
     2000年頃、私は、久留里線で、珍しい光景を目撃しました。
     亀山ダムに行く時、私は久留里線に乗っていました。そしたら、私は、横田駅で、なんと、「タブレット交換」を、私は見てしまいました。
     きたならパパ様は御存知でしょうが、現代の列車交換は、CTCセンターで管理されています。その為、「タブレット交換」は施行されておりません。
     その為、私は物珍しに、「タブレット交換」を、ズット見ておりましたっけ…。
     あと、私は銚子鉄道で、リタイヤした電車を見ました。
     営団元「2000系」電車を見ました。一瞬、自分が営団銀座線に乗っているがのごとき錯覚に陥りました(苦笑)。
     あの頃のことを思い出す事が出来、再び、元気になりました!アリガトウ!