交番裏の工事

2012年12月21日
交番の裏、習志野台保育園があった場所は更地になり、大型の重機が入って敷地を掘削しています。
杭打ち機
その昔、造成されたばかりの習志野台団地に引っ越してきた頃は、これと似たような形の杭打ち機があちらこちらで「カーン、カーン」と乾いた音をたてながら、コンクリート製のロケットみたいな杭を地盤に打ち込んでいたものです。
現在はドリルで静かに下穴を開け、杭もネジって入れるので、音も静かで地盤にも優しい工事になっているんですね~。
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする