千葉時代「チバニアン」が地質学上の時代として追加へ

千葉県市原市の地層に、地球のN極とS極が入れ替わった痕跡が発見され、地質学上の重要な記録であることから「国際地質科学連合」が約77万~12万6000年前の時代を代表する基準地に内定し、時代名を「チバニアン」と命名するとしたことがわかりました。

正式決定すれば地質年代に初めて日本の名前が付く快挙となるそうです。

「チバニアン」はラテン語で千葉時代を意味するとのこと。

正式承認は来年になりますが、世界の地質学者に千葉が認知されるのは喜ばしいことですね。

市原市でもだいぶ南のほうですね。
養老渓谷に近いエリアです。

小湊鉄道の月崎駅が最寄り駅になりそうです。