地震体験車、なんてタイムリー!

今朝、松が丘公園を通りかかったところ、防災訓練をやっていて、地震体験車が来ていました。

お年寄りがいつになく積極的に体験に参加していました。

かねてより防災訓練は予定されていたかと思いますが、実にタイムリーですよね~。

おととい、北海道胆振(いぶり)地方を襲った最大震度7の大地震があったばかりですからね~。やはりひとごとではないと思います。

東日本大震災と同レベルの地震なんて、生きているうちにはもう来ないだろうなぁ、みたいな考えが頭のどこかにあったかも知れないけど、来るときは来るんだっていう事実を突き付けられた感じですね。

船橋市の地震体験車、なかなかかっこいい。

今回の北海道地震は、東日本大震災の「動き残り」という説があるそうです。

専門家によると、東日本大震災は太平洋プレートが北アメリカプレートの下に潜り込むことによって起こった海溝型地震であり、今回の地震も同じプレートの北側の動き残りが動いた可能性が高いそうです。

そしてそのプレートの北端は北海道の襟裳岬から函館市周辺の地域で、プレートの南端は千葉県の犬吠埼周辺に当たるとのこと。

今回北端側が動いたということは、近いうちに南端側も動くだろうと。

くわばらくわばら。。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする