WHOが新型インフル警戒水準、最高の「フェーズ6」を宣言

2009年6月12日
WHO・世界保健機関は、新型インフルエンザの警戒水準を最高度の「フェーズ6」に引き上げ、世界的大流行(パンデミック)が発生したと宣言しました。
同時に健康被害の深刻度に関する基準を新設し、今回は弱毒性であることから「中度」と発表しています。
成田空港での検疫で発見されて以来、千葉県にまっ先に来ないというのも不思議でしたが、水際検疫策が奏功しているのかな、なんて思ってました。が、それが突如きたなら、ですからね。
しかもなぜか東北経由?まるでロナウジーニョばりのフェイント攻撃です。
なすすべなくゴールを決められてしまいそうですが、とりあえずディフェンダー(手洗い・うがい・マスク)を並べて壁を作り、できるだけブロックしようじゃありませんか。ね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする