津田沼・ぶらり東通りが50周年。

2012年4月3日
JR津田沼駅と新津田沼駅を結ぶ道路・ぶらり東通りがことし50周年を迎えたそうです。
120403tudanuma.jpg
まぁ、ぶらり東通りという名称ではなく、この道ができてから50年ということですね。
昔日の津田沼で書いたとおり、40年ほど前の時点では、この道にはヨーカドー・丸井・長崎屋・パルコなどの大型店はもとより小売店さえほとんどなく、車両基地があったり、空き地は資材・スクラップ置き場になっていましたから。
ショッピングどころか散歩するのもためらわれるような、乗り換えのための通りでした。
でもその時点で道ができて10年経っていたんだなぁ、と逆に感心してみたりして。
50周年の垂れ幕を見て そんな思いに耽っています。
 


 
6月12日追記:
50周年の垂れ幕がオレンジのものから青いデザインのものに入れかわっていました。

ちょくちょく入れ替えるのだろうか。
儲かってますなぁ。(^^)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

『津田沼・ぶらり東通りが50周年。』へのコメント

  1. 名前:元新京成沿線住民 投稿日:2018/09/24(月) 21:07:44 ID:0885db64f 返信

    コンバンワ、きたならパパ様。写真を見ていたら、津田沼オジサンを思い出しました。路上の段ボールを片付けたり、交通整理をしようとし、皆の役に立とうとしていた事が印象に残ってます。

    • 名前:きたならぱぱ 投稿日:2018/09/24(月) 22:18:56 ID:0cc911822 返信

      元新京成沿線住民さん、こんにちは。
      津田沼おじさん、長崎屋の前の自転車を整理しているところを見たことがありました。
      でももうかなり記憶が薄らいでますね~。
      たぶんはっきり見たのはその一度きりだったと思います。
      話題にはときどき出てましたけど…。