新京成電鉄、新型車両80000形を発表

2019年冬から新京成線松戸~京成津田沼間にて営業運転を開始する予定とのことなので、まだちょっと先の話です。

京成グループ標準車両として京成電鉄と共同で設計されたので、京成でも色違いの姉妹車両が走ります。

やがて京成千葉線でコラボするでしょうね。

80000形では屋根に近い部分にもジェントルピンクのラインが入っているので、遠くからでも新京成だとわかりそうです。

インフォメーションパネルも液晶2画面の最新式。
オリンピックに備え、4か国語で表示するようです。

座席の袖仕切りにはすりガラスをはめ込んで開放感を演出しています。

車両間の扉もすりガラスのようですね。
令和の時代にぴったりな感じがします。

空調はプラズマクラスターイオン発生装置を全車両に設置するそうで、しっとり爽やかな空気になりそうです。

駆動系では、モーターへの電流を制御する部品に最新の半導体を使用したフルSiC-VVVF制御装置を搭載し、N800形のIGBT-VVVF制御装置と比べて消費電力を19%削減するなど、さらなる省エネルギー化で環境負荷低減を図っているとのこと。

マニアックなところでは、カーブが多い新京成のためにリアルタイムで騒音に追従して音量を調整する放送装置を搭載しているそうです。

音量が変わる様子を確認して喜ばないといけません。

ということで、乗るのが楽しみです。

追記:

京成のほうは3100形だそう。

当初は路線図に合わせたオレンジのラインがあしらわれ、成田スカイアクセス線に投入されるそうなので、京成千葉線でのコラボはかなり先になりそうです。

こちらは車内でfree wi-fiが使えるんだって。いいなあ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする