3街区の解体、はじまる。(随時追記)

4月になりました。

ついに解体のときが来たようです。

4月5日、西友前の入口が封鎖されました。

大量の鉄パイプをクレーン車で降ろしています。
12街区の住人はここを通って西友で買い物してましたから。
悲しみに出会うたび、あの人を思い出す。

4月6日、垣根が刈り取られ、なんか妙にすっきり。

ガキの頃から見慣れていた垣根ですから。
寂しさもひとしお。


3号棟の前はまだ残っていますが、時間の問題です。
虚しさに悩む日は、あの人を誘いたい。

4月6日、代わりに駅側からフェンスが立てられていました。

フェンスで囲まれたあとは、いよいよ解体でしょう。
さらば、涙と云おう。

4月7日、フェンスが西友前の入口あたりまで来ました。

近くで見ると意外と高めに立ててます。

悲しけりゃ、ここでお泣きよ。

4月8日、フェンスはもうすぐ3号棟。

ちなみに、フェンスの上端をみると段差があります。
子は清水があったという3-3号棟のほうが低いことを示しています。

西友前の入口にはドアが設置されました。

ふたりでドアをしめて ふたりで名前消して

6月6日、足場が組まれました。

しばらく動きを見せていませんでしたが、ついに解体へと動き出したようです。
まずは窓ガラスなど、撤去できるものから取り除いていくものと思われます。

そこでふいに裏の棟が気になって、回り込んでみると、

もう始まってました。
近隣公園の土手から眺めてみると、一部は窓の撤去が進んでいて、さらに室内の建材をクレーン車で運び出していました。
こちらのフェンスを見てもやはり、子は清水があったという3-3号棟のほうが低いことが示されています。


粛々と解体へと進んでいます。
知らず知らず歩いてきた 細く長いこの道

6月23日

商店街側の足場は屋上を越えるところまで高さを増し、さらにネットを追加しはじめました。

3号棟でとび職人がパイプを設置しています。

6月24日

3号棟の足場も整ったようです。

6月25日

裏側を見てみると、ぁ

すでに解体が始まってました。

真ん中のほうは2階建てに変わってます。

あー。

7月6日

真ん中の4~6号棟は瓦礫と化しました。

中央広場に白い集会所が見えます。
ガキの頃はここでやっていたそろばん教室に通ってました。
広場の向こうの7号棟はこれからのようです。

あー。

7月20日

7号棟も消えました。

瓦礫の量も増えてますが重機の数も増えてます。

解体がまだの棟もよ~く見ると、バランス風呂釜を撤去していってます。

手すりとかサッシは固着しているだろうから解体後に仕分けするんだと思いますが、はずせるものははずしてリサイクルに回したほうが効率いいでしょうからね。SDGsってことで。

7月30日

3号棟がちょっと低くなりました。
向こうの空の入道雲がよく見えます。

バス通りや商店街に面した側ですので、破片だけでなく埃も飛ばないよう、慎重に解体しているものと思われます。

7月31日

商店街から見ると、2号棟の窓から向こう側が見える箇所がたくさんあります。

内装建材の撤去はあらかた終わったのでしょうね。

8月1日

3号棟が消えました。

コメント

  1. 帰ってきた船橋市民 より:

    最後のは歌詞ですね

    • きたならぱぱ より:

      帰ってきた船橋市民さん、お久しぶりです。
      です~わかっちゃいま、すよね~(^^;
      寂しいなぁ、虚しいよなぁ、と思ったときに、小学生の団地住まいのときにポータブル電畜で聴いた中村雅俊のLPのことを思い出したのがきっかけでした。
      で、今回はなんか思いついたものを入れてみようかと。

  2. 元新京成沿線住民 より:

    ご無沙汰しております。きたならパパ様、お元気でしょうか? そうですか……。思い出の場所が、また一つ、無くなってしまうのですね……。失望とは違うのですが、淋しさ、或いは、喪失感を、今、私は感じております。ましてや、きたならパパ様は、幼少期から青年を、その思い出の場所ですごされたのですから、そのツラさ、いかばかりでしょうか……。しかしながら、たとえ、思い出の場所が、無くなろうとも、私達の想いの中で、団地の建物は、「活き続ける」のでは無いでしょうか? 私は、そのように思うようにしています……。でも、ツライ!!

    • きたならぱぱ より:

      元新京成沿線住民さん、こんにちは。
      ほんと、残念ですね。
      高根台団地の一部は改修して残ることになったので、同じようにならないものかと思わざるを得ません。
      もっとも、高根台団地でも駅に近い一帯は取り壊され、URのマンションや戸建に建て代わりましたので、駅近な3街区は仕方ないのかな。
      でもワタクシが住んでいた12街区も比較的近いからなぁ。
      いつかなくなってしまうのかも知れません。

    • 元新京成沿線住民 より:

      こんばんわ、きたならぱぱ様、御元気でしょうか? 再度のコメント、申し訳御座いません。団地の解体写真を拝見させて頂きました。あまりの衝撃の為、言葉を失いました。きたならぱぱ様の思い出が消えていくシーン、さぞ、お辛い事と、お察し申し上げます! その辛さの中、私達、貴ブログの読者の為、冷静沈着に、記事を御書きになられているきたならぱぱ様……。私は心を打たれました! 前原団地が壊され、マンションや宅地に建て替えられたシーンを見た時の衝撃を、私は思い出しました。特に、幼少の頃住んでいたスターハウスが壊され、マンションに変わっていた光景は、辛かった!!両親の面影が無くなっていた為、悲しかった事を、私は、思い出しました。方丈記の序の箇所が、リフレインしております。町並みは変わらないように見えても、昔からの建物は、あまり残っていない。建て替えられたり、火事で焼け出されたりしている。住民も建物とおなじように、亡くなったり、引っ越しして、変わっている。水のながれのようである。無常なり……。いまの私の気持ちです。長文失礼致します。

      • きたならぱぱ より:

        元新京成沿線住民さん、こんにちは。

        世の流れは水の流れのよう。まさにそんな感じですね。
        跡地にはマンションが立ち、新しい人が移り住み、街は活気を取り戻していくのでしょう。
        しかしその人たちもやがて歳を取り、建物は古くなり、いつかまた取り壊しの時が訪れる。
        結局我々は一時期をそこで過ごし、思い出ができ愛着が生まれますが、未来永劫その場所に留まることはできない。

        ありがとうございます。

        コメントをいただいたおかげで、泰然と見守ることが大事だな、と再認識しました。
        その場所に関われたことや、そこでできた思い出を大切にしていきましょう。

  3. りんりん永遠の51歳 より:

    記念に滑り台の写真を撮っておくべきでした。子供の頃の思い出がいっぱい。
    今思えば危険な遊びもしてましたね。小4の時かな。一番上から、滑り台とは
    反対方向の芝生の方へ飛び降りたり(冷汗)

    • きたならぱぱ より:

      りんりん永遠の51歳さん、こんにちは。

      幅の広い滑り台がありましたね。
      そうそう。芝生に飛び降りてました。
      今の子はやらない、ですよね。(^^;
      んーなんか寂しいような。

      • りんりん永遠の51歳 より:

        昔の子供はめちゃくちゃですw でも、大怪我をしたような話は聞いたことがなく。一見危険な遊びのように見えますが、これ以上はダメという一線を判断する能力は昔の子供の方が高かったような気がします。

        • きたならぱぱ より:

          そうですね。
          ざっくりですが、芝生ありで2階くらいまで、みたいな感覚でした。
          芝生なしだったら2mくらい?(^^;
          ・・今だと1mかなぁ。(^^;;;

タイトルとURLをコピーしました