京成千葉線、開業100周年。

1921年7月17日、京成電鉄が船橋ー千葉間、京成千葉線を開通しました。

それから100年となる2021年7月17日に、記念乗車券を発売し、ヘッドマーク付き車両を走らせるというので、船橋市民のワタクシとしては見に行ってみたいと思い、21日に行ってきました。

まずは京成船橋駅から。
改札の入り口にパンフレットと記念スタンプが設置されています。

改札横の駅員さんに言って、記念乗車券を購入。

改札を入ると広~いコンコース。

あれ? ワタクシ、橋上駅化以降はじめてでしたっけ??
過去こんな広いのを見た気がしません。

いやぁ、立体化されてほどなく、来たことあったと思うんだけどなぁ~。

でも、そもそも船橋駅周辺じたいそんなに来ません。
同じ船橋市民でも、新京成沿線住民はあんまり来ないですよね。船橋って。
立体化してもなお、道、混んでるし。

市役所とか、ハローワークとか、なにか必要なことがないと、なかなか、ね。

役所的なことは習志野台や高根台に出張所があるので、そこで済むことが多いし。

おしゃれ買いとかでも。
昭和の頃は西武、東武、シャポーには来てましたし、平成中期くらいまではヨーカドーにはよく車で来ていましたが、最近はららぽのほうに行っちゃうかなぁ。
特にIKEAができてからは完全にそっちですね。

あと、八千代緑が丘や坪井の開発が進み、店が増えたこともあるし、千葉ニュータウンもある。
千葉ニュー、遠いと思いきや、時間的には船橋に出るのと変わらない。

ほんと、船橋駅周辺には来なくなりました。

ホームに上がると、ドーム型の近代的な屋根。
ん~、こんなにきれいだったっけ?

どうもはじめて来た感が拭えません。

とりあえず千葉線に行けばヘッドマーク付き車両に出会えるだろうと思い、京成津田沼駅に移動することにします。

京成津田沼。
なんか、こっちもひさびさ。

京成、まぁ乗らないし、そもそもお膝元の新京成だってあんまり乗らないもんなぁ。
でも、京成津田沼はなーんにも変わってない。
見慣れた景色で、安心です。

さらに、幕張本郷に移動。
新京成のピンクの車両が乗り入れてます。

ここでヘッドマーク車両を待つことにしましょうか。

待っている間、ホームを散策。
100周年記念の駅貼りポスターが貼ってあります。

あ!、100周年記念クリアファイルがあるんだった!!
改札を出て、すぐ目の前のファミマに直行。

ラスト1枚だけ残ってました。
買います!買わせてください!!

裏面は京成千葉線開業当時の鳥瞰図になっています。
ねー、成田線はまだ工事中なんだもんね~。

うひゃ~、白鬚ルートも計画されてたんだ。
 (→その後、1928.4.7 白鬚線(向島~白鬚間)開通してました)
そっか、浅草に出ようとしてたんだよね。
・・・出てれば面白かったのに。

鉄道にとって重要な「変電所」が押さえてありますね。
戦前ですからね、飛行場とか無線塔、塩田はまだあったでしょうね。
を、中山競馬場もすでにあったんだ。

帝釈天、八幡神社、法華経寺、船橋大神宮、浅間神社、千葉神社。
当時の観光拠点を押さえながら走ってますね。

でも、瀧不動もちょっと狙いつつ、本命はやはり、成田不動尊、というわけですね。

何本かやり過ごしていますが、
ヘッドマーク車両がなかなか来ないので、記念乗車券のほうも眺めてみる。

1920年10月に着工して、21年7月には開業。
現在では考えられないほど工事期間が短いですね。

海沿いのなんにもないところに単線を通すだけだったでしょうからね。

新千葉駅は当時から新千葉だったんだ。

そっか、新千葉から先の高架化っていうイベントもあったんですね。
物心ついたときには高架でした。
国鉄千葉駅前もあったし。

対して、船橋ー大神宮下間はすごい時間をかけてようやくようやく出来上がった印象が強いです。

・・・などと感慨に耽りながらヘッドマーク車両を待ちましたが、まったく来ません。

2時間ほど待って、最初に見た編成が再度折り返してきた来たのを確認し、これは船橋ー千葉間以外も走っているに違いない、ということに気づいたので、疲れてきたし、退散、仕切りなおすことにしました。

翌日、鉄ちゃんに聞いてみると、ちゃんと特別車両のダイヤを調べる方法があるんですね~。

ワタクシ、ヲタまでいかない気が向いた時しか近場しか参加しないプチ鉄レベルなもので。
知りませんでした。

 

2021年7月26日

こんどはヘッドマーク車両が来る時間を携えて、リベンジ参戦。

京成船橋駅のいま。
青いラインが洗練された雰囲気を醸し出しています。

いつのまにか歩道がだいぶ拡張されましたね。

今回は、駅の向こうにあるスペシャルなダイソーギガ船橋店に立ち寄り、時間調整しました。
そして前回同様、ホームに上がります。

来た来た。予定通りです。

船橋ー千葉間 開業100周年記念ヘッドマーク付き車両の登場です。

3021。京成臼井行き普通電車。

成田線にまで行ってしまうんじゃ、千葉線で待っててもなかなか出会えないはずですわ。

京成船橋からヘッドマーク付き車両に乗って、京成津田沼まで。

このヘッドマーク付き車両は12月31日まで運行されます。

新京成に乗り換えて、帰ります。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました